news

タイトル05.png

Touch HEART
知りたく無いで済まないことが、
思う以上に沢山ある事を知る
「世界で起きている事と、本当の強さ」山本美香記念財団
LinkIcon詳細 [ch0]
生活の中に少しづつ地球全体や人類の未来を考える時間を


Y財団バッジED.30.jpg

Touch NATURE
アフリカゾウ密猟止まらず
『このままでは絶滅』警告
日本経済新聞掲載記事より
「WCSコンゴ共和国支部・自然環境保全技術顧問西原智明先生コメント」

毎日の生活の中で気に止めなければいけない事は沢山あるに違いない

西原先生 日経新聞記事.jpg

淳子2014.jpg
謹賀新年
皆様にとって幸多き年でありますことを
心より願って
A HAPPY NEW YEAR!!!

2013年12月7日 仙台市八木山動物公園
『コンゴ共和国の密猟の現状〜わたしたちにできること』
毎日新聞掲載記事にROOTくんぬいぐるみも登場!
LinkIcon詳細 [ch0]
地球全体や人類の未来を考えなければいけない

私達はアフリカだけの問題で済まされない現実が沢山ある事を知る事が大切

仙台2.jpg

世界で一番美しい森の旅

書店でみつけたマルミミゾウの森も載っている素敵な一冊(発行者 澤井聖一)

本.psd


カメルーン.psd

KORUP NATIONAL PARK
(カメルーン)

アフリカ最古の森といわれるコラップの森は、濃い緑に覆われている。 ここは『生物多様性』をそのまま絵にしたような森。人前に姿を見せることはあまりないが、霊長類以外にも大型の動物が数多く暮らしいる。森の中にはマルミミゾウやヒョウ、水辺にはカバやワニ。小型のほ乳類ではセンザンコウやジャコウネコのほか、名前を聞いたことすらないような動物も多い。       世界で一番美しい森への旅より

PR0 PRO1301P7 .jpgMADE IN JAPAN by ASAKUSA MASATO + ROHO RE PRO

2013年12月8日 札幌市円山動物園
動物科学館ホール 午後1:30『アフリカ中央部熱帯林における自然と人々の暮らし』
LinkIcon詳細 [ch0]
事実かどうか曖昧な情報ではなく、遠いアフリカ中央部熱帯林の実際の様子を知る事ができる貴重なお話。

自然環境保全 技術顧問である西原先生が現地で生活されているからこそ教えてくれるリアルなお話も聞けるに違いありません!

動物園表版下.jpg動物園配布パンフレット

2013年12月7日 仙台市八木山動物公園
ビジターセンター研修室 午前10:30『コンゴ共和国の密猟の現状〜わたしたちにできること』
LinkIcon詳細 [ch0]
絶滅危惧種である、マルミミゾウの危機は深刻でその事による自然界への影響は測り知れない。。

仙台にいらっしゃる方、又はこの行かれるご予定のある方は 冬の動物園にも是非 足を運んで見てはいかがでしょうか?

仙台・八木山動物公園での講演会.jpg

マルミミゾウでおなじみの西原先生が、昨年京都大学霊長類研究所でインタビューされた内容を、2013.5.27付けの下記サイトで聞くことができます。
LinkIconインタビューサイト
マルミミゾウを含めたアフリカ中央部熱帯林の野生生物保全についてです 

アクセスに時間がかかることがあります/全て、英語となっております

20111123_057a_孤児の子ゴリラを抱く_レフィニ.jpg Ⓒ西原 恵美子

ARTなSOFT TOY SERAPHIC KING『ROOTくん』発信!
LinkIconSHOP
創業100年 ぬいぐるみ職人歴50年のASAKUSA MASATOとROHO RE PROが協同創作 

ひとつ、ひとつ、手作りで どれも世界でひとつのART作品になります。王冠部分に創作No.を印字

NEW PM6B4new.jpg配布パンフレット

2013年4月〜6月3日 よこはま動物園ズーラシア オカピ展示場にてパネル展示
LinkIconズーラシア
生息地が同じ中央アフリカであるオカピは絶滅危惧種で、その原因がマルミミゾウの危機と深い関係があるそうです

オカピは本当に美しい容姿で、つい、つい、お顔に見入ってしましますー、身体の模様もユニークで印象的です。
気持ちが良いと、目がどこか 奥に引っ込んでしまうと言うビックリシーンにも遭遇するかもしれません!
是非、1度、足を運んで見てはいかがでしょうか?

動物園表版下.jpg動物園配布パンフレット

2013年4月8日 よこはま動物園ズーラシア訪問
LinkIconズーラシア
横浜市緑の協会:大浦さん、ありがとうございました。日本には7頭しかいないキリンの仲間『オカピ』の内5頭はズーラシアで逢う事ができます!

動物園にいる8〜9割は絶滅危惧種だそうです

okapi.jpgⒸ西原 恵美子

2013年3月31日 (日)夕方18:00〜TBS TV番組『THE世界遺産』〜必見!7月に世界遺産に認定されましたコンゴ共和国の(マルミミゾウ生息地)ヌアバレ・ヌドキ含む世界遺産地域が放送されます。
WCSコンゴの西原先生は取材に立合われ、監修・一部出演されております。

人の手が入っていない 原生林は地球の宝物に思えてなりません

ベリ バイ.jpgⒸ西原 恵美子

千葉市動物公園にて

2013年3月30日 千葉市動物公園展示
『マルミミゾウが1日3頭殺されている?私たちにできることは何?--』

ROHO RE PROもARTグッズと共に参加
DSC01608.jpgROHO RE PROのROOTくん登場
西原先生講演と、パネル展とビデオ上映が行われました。

詳細LinkIcon千葉市動物公園

マルミミゾウやアフリカの熱帯林の環境保全にご興味のある方へセミナーのお知らせです

千葉市動物公園
現地の保護活動と「ことば」の役割
『マルミミゾウが1日3頭殺されている?私たちにできることは何?--』

ROHO RE PROもグッズ展示と共に参加いたします!
動物園表版下.jpg動物園配布パンフレット
コンゴ共和国のマルミミゾウの保護活動を例にして、必要な「ことば」と「文化の理解」について考えるレクチャーです。なお、2013年3月20日(水)~3月31日(日)の間、同動物園にて、関連するパネル展とビデオ上映をしております。

詳細LinkIcon千葉市動物公園

マルミミゾウやアフリカの熱帯林の環境保全にご興味のある方へセミナーのお知らせです

NPO法人 野生生物保全論研究会 主催『ワシントン条約 報告会』

今回のワシントン条約締約国会議(CoP16)は日本のメディアでもほとんど報道されませんでしたが、マルミミゾウを始めアフリカの多くの地域で、象牙目的の密猟によりゾウが危機的状況にあるコンセンサスが議論され、ヒレ目的の過剰なサメ捕獲に関しての提案についても議論されました。いずれも、われわれ日本人とは無関係ではないテーマです。

詳細LinkIconNPO法人 野生生物保全論研究会

マルミミゾウやアフリカの熱帯林の環境保全にご興味のある方へセミナーのお知らせです

『初めてのマルミミゾウ教育資料を活用しよう!!-アフリカ熱帯林の環境保全と日本をつなぐ生物多様性保全の教育・普及活動」事業報告会-』

絶滅への道を歩んでいるマルミミゾウに関する教育資料を作成しました。これまで、日本にはなかった教材で、マルミミゾウとそれに関わる地球規模の諸問題を網羅しております。

詳細LinkIcon特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会

ROHO RE PROのART作品をお買い上げ下さり、ポストカードを無償で置いて下さっているNUNCmalusで お会いしたネイリストさんです!
売上の一部はWCS国際野性成物保全NGOに還元させていただいております。

12年前にお仕事でご一緒させていただきました オーナーのお一方で美容スタイリストのハルミさんは 当時からハイセンスで今も刺激をいただいております。
LinkIcon港区三田駅、田町駅にある美容室NUNC

n2.jpg        美人で本格派☆小林さん

ROHO RE PROのポストカードを無償で置いて下さっているBariQue★Starのマスターです!
売上の一部はWCS国際野性野性成物保全NGOに還元させていただいております。

大和で本当に人気のワインバー! マスターのプロフェッショナルで温かい 『おもてなし』と共に美味しいワインが楽しめます♪
LinkIcon小田急線・相鉄線 大和駅(北口ユザワヤ側)下車 徒歩3分

ま8.JPG    イケメン♡土屋マスター

WCS自然環境保全マネージメント技術顧問の西原先生ご帰国中にNUNCさんと、BariQue★Starさんに 置いていただいております ポストカード売上の1部20円/1枚)WCSコンゴに還元いたしました

WCS=Wildlife Conservation Society. ニューヨーク・ブロンクス動物園に本部を置く国際野生生物保全NGO
http://www.wcs.orgLinkIcon

WCSコンゴはそのコンゴ共和国支部である

DCIM0185.JPG
上野動物園ホールにて。西原先生は1:00からの講演の準備でしたので奥様の恵美子さんに代理で受取っていただきました。

2013年3月2日1:00受付開始 恩賜上野動物園 動物園ホールにて西原先生の講演があります!

『ゾウを学ぶ ゾウから学ぶ』
 ゾウオロジー2013

ご質問はzouology@hotmail.co.jpまで

002.jpg

2013年1月14日TOKYO

新しい年になって初めての雪、夜になっても足跡の無い公園に思わず傘で描いてみた。とても静かな『PEACE』

ポストカードにもなりました。Galleryを覗いてみて下さい。

snowpeace.jpg

2013年賀.jpg
明けまして おめでとうございます
本年もROHO RE PROを どうぞ、よろしくお願い致します。

asa1126.jpgasa1126.jpg2012.11.26 asahi

2012年11月26日 朝日新聞(夕刊)
28日まで3日間 連載

マルミミゾウも生息しているコンゴの森で起きていることが書かれております。『解決すべき課題は多い』と西原先生

2012年10月29日 朝日新聞
(朝刊)掲載

ROHO RE PROも大変お世話になっております コンゴ共和国にいらっしゃる西原智昭先生の元、取材された現地の記事が朝日新聞1面、2面で取り上げられております。

今後も掲載予定があるとの事です

asahi2.jpg
西原智昭先生のコメントも確認させていただきました

asahi3.jpg

デジタルでも閲覧可能です

2012年10月24日 BariQue★Starにて

ワインとチーズとアートのコラボレーション

当日は多くの方にいらしていただき、本当にありがとうございました。皆様とお話できて嬉しかったです!

ボディケア大和店のビューティースタイリストの山口まつりさんの ご紹介で沢山の素晴らしい出会いがありました!

「多くの方に気軽にワインを楽しんで欲しい」とおっしゃっていたバリックスターの土屋マスター。 豊富なワインの知識と細やかなお心遣いに いらっしゃるお客様も本当に楽しんでらっしゃるのでご一緒させていただきましたっ。ワインもお料理もやっぱり、美味しかったです♪♪

301.JPGまつりさんと土屋マスターと
わいん1.JPG作19.JPGわいん2.JPG
作1.JPGま8.JPGてんじ1.JPG

ステキな人の所にはステキな人達が集まるのだナァ、、と実感できた夜でした。山口まつりさん、土屋マスター、本当にどうもありがとうございました。

ワインとアートのコラボ企画

イベント:10月24日 水曜日19:00〜 場所 BariQure★Star

ビューティサロン ボディケア大和店 美容スタイリストの山口まつりさんの御紹介で人気店バリックスター(ワインバー)にて展示をさせていただくことになりました。マスターの土屋さんのプロフェッショナルで暖かい『おもてなし』にROHO RE PROも大ファンになってしまいました!

BariQue★Star tel.046-210-4122
小田急線・相鉄線 大和駅(北口ユザワヤ側)下車 右手昭和通りを入り、お寿司屋さん横2F

sl_4_l.jpgsl_10_l.jpg

展示ポスター7.jpg展示は31日までやっております

マルミミゾウやアフリカの熱帯林の環境保全にご興味のある方へセミナーのお知らせです

世界遺産に登録されたアフリカ中央部熱帯林地域-生物多様性・環境保全の課題
と日本との関係を考える


講演者:西原智昭さん(自然環境保全マネージメント技術顧問。コンゴ共和国北部Ndoki Landscapeで活動。WCSコンゴ所属)
詳しくは、生存学創成拠点ウェブサイト:西原智昭 http://www.arsvi.com/w/nt10.htm
現地調査報告:永石文明さん(東京農工大学ほか講師)(予定)
日時:10月13日(土)午後1時20分~15時50分
会場: 環境パートナーシッププラザ・セミナースペース
 住所 〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F
 地図 http://www.geoc.jp/access
問い合わせ・参加連絡:AJF事務局 斉藤
 メール info@ajf.gr.jp
 電話 03-3834-6902
※ 会場・資料の用意のため、事前に参加連絡をいただけると助かります。お名
前と緊急時連絡先(携帯電話・携帯メールなど)を知らせてください。
主催:(特活)アフリカ日本協議会
後援:特定非営利活動法人 野生生物保全論研究会
   日本生物多様性財団
※ 平成24年度地球環境基金助成「アフリカの熱帯林の環境保全と日本をつなぐ
生物多様性保全の教育・普及活動」

WCS自然環境保全マネージメント技術顧問の西原先生ご帰国中に展示中売上の1部(ポストカード20円/1枚含む)15,640円をWCSコンゴに還元させていただきました

WCS=Wildlife Conservation Society. ニューヨーク・ブロンクス動物園に本部を置く国際野生生物保全NGO
http://www.wcs.orgLinkIcon

WCSコンゴはそのコンゴ共和国支部である

2.jpgDSC00673.JPG10月16日 神楽坂 喫茶店にて
講演の時にはかなり『大人』な雰囲気の西原先生が1番に「パフェにするっ」とおっしゃったのに、衝撃、、、と言いますか、大爆笑してしまいました。因に、現地でスィーツを食べる時間も無いし、日本にある様なスイーツは まず、無いそうです!日本のスィーツは繊細で美味しいとおっしゃってました。

企画展示にいらして下さいました福島春美さんの美容サロンNUNCが新しいサロンNUNCmalusを9/5にオープンされました!マルミミゾウのお話に大変共感していただき、アート作品を気に入って下さりステキなスペースに飾って下さっております!LinkIcon美容室 nunc malus

洗練されたモダンな空間にひっそり大自然の風が流れ込んでいる・・・そんな場所

IMG_0988.jpg送っていただいた写真

マルミミゾウの生息地が
世界遺産に!

何とヌアバレ・ンドキ国立公園を含むコンゴ北部周辺と、中央アフリカの一部とカメルーンの一部の隣接している地域の自然が世界遺産になりました!
と2012年7月16日、コンゴにいらっしゃる西原恵美子さんより 嬉しい知らせをいただきました。
ベリバイ.jpgⒸ西原 恵美子


小さな展示『ENDLESS PEACE part1』を終えて

この度は、ヌーヴェルヴァーグ・ジャポン代表取締役 中村様とのご縁で成城学園前のヘアサロンSimpaticでROHO RE PRO 初回展示『ENDLESS PEACE part1』を行わせていただきました。
中村代表を始め、サロンのスタッフの皆様のご協力がなければ実現できなかった事です。
とても良い形でアート作品と企画テーマ『Touch NATURE』でスポットをあてさせていただいておりますアフリカ中央部に生息する絶滅危惧種マルミミゾウを紹介する事ができました。
NEC_0675.JPGNEC_0678.JPGNEC_0679.JPG

マルミミゾウとネイチャースピリッツとファンタジー

私達は存在そのモノが地球の為に欠かせない様な自然環境の守り神『マルミミゾウ』に憧れます。そんなマルミミゾウの居る森はきっと美しく魅力的なところでしょう。。そこには日本で言うところの『八百万の神』達の存在を感じてなりません!そこは まさに、未知の楽園ですっ!!

DSCF9635.JPG 西原智昭先生訳の本とアート作品
DSC01598.JPGDSC01600.JPGDSC01607.JPG
DSCF9641.JPGDSCF9644.JPGNEC_0697.JPG

アート作品もatmosphereとのコラボ作品Magとカップ&ソーサーも多くの方が気に入って下さり、ステキなコメントを戴きました!そして、マルミミゾウに魅せられ、自然界のスピリットが恋しくなった方も沢山いらっしゃったと感じております。

マルミミゾウを紹介させていただくにあたり、心良くご指導下さいました西原智昭先生、貴重な現地の資料をお貸し下さった西原恵美子さん、ありがとうございました。そして、展示に足を運んで下さった皆様、展示物を気に止めて下さった美容室のお客様、本当にありがとうございました。

2012年6月11日(月)〜7月11日(水)成城学園前のヘアサロンSimpatic http://www.etplus.jp/sympatic/index.html にて
ROHO RE PROの小さな展示『ENDLESS PEACE part1』

6月16日(土)限定で atmosphereの白いガラスカップでアイスコーヒーを味わってみませんか? お気軽にお立寄下さい!★無くなり次第終了とさせていただきます。★火曜日定休日

マルミミゾウ生息地、コンゴ共和国に滞在中の西原恵美子さん撮影のとても貴重な本物のマルミミゾウの写真もお借り致しております。

DM.jpg

『知られざる森のゾウ -コンゴ盆地に棲息するマルミミゾウ-』(ステファン・ブレイク著、西原智昭翻訳)が出版されました

ROHO RE PROに楽園のマルミミゾウの事を教えて下さった西原先生翻訳の貴重なマルミミゾウに関する本で、私達 初心者にも分かり易いカラー写真満載です。amazonにて購入可能

http://www.amazon.co.jp/知られざる森のゾウ―コンゴ盆地に棲息するマルミミゾウ―-西原-智昭/dp/443416564X

book.jpg

2012年6月8日〜10日 現代アート国際交流展 JCAA明日の巨匠にROHO RE PRO(柳堀淳子)が出品。パリ、ルーブル美術館地下1階Carrouselにてアート作品が展示されております

コンテンポラリーアート協会JCAA公募にて選出していただきました。
公式HP(仏語) : http://www.salon-artshopping.com/

2012JCAA.jpg

2012年 4月 FILTER LLC. スノーホワイトのガラスブランド『atmoshere』とコラボレーション

2012年 6月 成城学園前の美容室「Sympatic」で展示予定

とても素敵な美容室です
Sympatic 地図はコチラ http://www.etplus.jp/sympatic/salon_info.html

mag.jpgスノーホワイトガラス「アトモスフィア」さんの製品は、北海道・小樽の工場で製作されています。大変な試行錯誤の末、奇跡のスノーホワイトのガラスカップが誕生したそうです。これは体感しないとわかりません、今まで見た事も感じた事もない 本当に繊細で麗しい製品です。そんな、神聖で透き通る様な白いガラスのカップにROHO RE PROが心を込めて『楽園』を描かせていただきました。ひとつ、ひとつ 手描きなのでどれも世界で1点のカップになります。

atomoshere(アトモスフィア) http://filter-j.com/atmos/brand/

SN3J0653.jpgひとつ、ひとつが ガラス職人の手作り
小樽+新しい伝統=アトモスフィア ■
小樽のガラス工場の中でも、新しい可能性を追求し続けるガラス工場から、アトモスフィア製品が誕生しました。ホットドリンクでも使用可能なガラスを使用し、乳白色の色付けにより、新しい感覚の商品となりました。

■ ホットもアイスも ■
白くやさしい雰囲気と、ガラスの利便性でホットドリンクをお楽しみいただけます。もちろんアイスにもご使用いただけます。ガラス独特の質感と肌合いを持ち、うっすらと器の中が見える、ガラス独特の雰囲気のアトモスフィア。


■ ガラスの街小樽 ■
北海道・小樽の硝子製造は、19世紀後半より、「石油ランプ」や漁具の「浮き玉」から始まりました。これが、現代の硝子工芸につながり、国内有数のガラスの生産地となっています。

注釈をつけます

2012年 5月〜 ROHO RE PRO作品も掲載
”ARIGATO-TOKYO DESIGNERS WEEK ”がドイツ・ベルリンの出版社『アートブックのゲシュタルテン』より世界発売中のBOOKが日本でも発売開始
http://www.tdwa.com/news/arigato_project/arigatobook.html

TOKYO DESIGNERS WEEK 2011 被災地支援プロジェクト『ARIGATO PROJECT』にてプログラムの一環として”ARIGATO”をテーマに世界コンペティション開催 会場展示に選出していただきました。

BOOK.jpgARIGATO - TOKYO DESIGNERS WEEK

この本を一人でも多くの方に手にとって頂き、“ARIGATO”の精神が世界中に広く伝わることを願っております。

ファッションデザイナー・丸山敬太さんや書家・紫舟さんなど、様々なジャンルの著名クリエイターと行った被災地の学校でのワークショップや音楽プロデューサー・小林武史さん主宰のap bank Fund for Japanによる歌の炊き出しのレポート、TOKYO DESIGNERS WEEK2011に寄せられたたくさんの「LOVE/ARIGATO」をテーマにした企業、クリエイター、学生作品展プラスの出展内容が掲載されています。


2012年 3月〜 ROHO RE PRO作品も掲載
”ARIGATO-TOKYO DESIGNERS WEEK ”がドイツ・ベルリンの出版社『アートブックのゲシュタルテン』より世界発売
http://shop.gestalten.com/

TOKYO DESIGNERS WEEK 2011 被災地支援プロジェクト『ARIGATO PROJECT』にてプログラムの一環として”ARIGATO”をテーマに世界コンペティション開催 会場展示に選出していただきました。

a2.jpgENDLESS PEACE』
私達は子供の頃は当たり前だったはずの、泣いてる子がいたら気にかける事ができるでしょうか?優しくされたら、素直に感謝の気持ちを持てるでしょうか?私自身、子供の頃の様にできていない気がします。 誰もがそんな普通の事が出来たなら、もっと地球は平和で楽しい世界に向かって行けるのでは無いでしょうか?『ありがとう』は希望への架け橋です。

ARIGATOは素敵な言葉

a1.jpgてるてる坊主さん、ありがとうARIGATO,TERUTERUBO-ZU』
ROROは、『てるてる坊主』に悲しみの元である雨天を晴天に変えてもらえるようにお願いをしました。ここでの『てるてる坊主』は家族や、友人、愛する人々と大自然など見えない力を指します。最後のハグは消化しきれない様なありがとうの気持ちです。



2011年 キンダー・フィルム・フェスティバル に参加

ROHO RE PROの『マルミミゾウ』をテーマに子供達と
でっかい画面に水鉄砲でアート制作!元気いっぱい遊んじゃいました!!

一般社団法人キンダー・フィルム主催の子供達の世界映画祭『キンダー・フィルム・フェスティバル』http://www.kinder.co.jp/index.htmlで目黒区の絵画教室『ルカノーズ』さんとワークショップ
”ラクガキ水鉄砲”を行いました。

ab5.jpgac16.jpgab11.jpg
朝から晴天!こんなに大きな場面いっぱいに 水鉄砲と絵画教室の方達が作ってくれたスタンプ、そしてハケと筆でジャングルと生き物達をめいっぱい描きました。画面の台紙は乾くと消える不思議な紙、、早くしないと消えちゃうヨ!でも、これなら何度も描けちゃうネ。

アートのテーマは『はっぴぃうんこマーチ!?』

aa5.jpg『マルミミゾウ』の紙芝居 制作前のみんなに森の王様(マルミミゾウ)のお話 ROHO RE PROの紙芝居を見てもらいました。
ステキな森の王様(マルミミゾウ)からみんなは何を感じたでしょうか・・・。

ROHO RE PROにこのマルミミゾウの事を教えて下さった西原智昭先生はアフリカのコンゴ共和国で自然環境保全の研究をされております、アフリカ熱帯林の生態系維持に重要な役割をしているマルミミゾウが密猟や開発による重大な問題を抱えている事、いずれも国際的な需要に基づくもので、日本人も大きく関わっている事などを教えて下さいました。熱帯林の保全は生物多様性保全という大きなテーマにも密接に繋がる大事な課題だと言う事もあわせて知る事ができました。
私達は、もっと グローバルな意識をもたなくてはいけない様です。